会計

月利とは?利益の正しい知識をつけましょう

みなさん、利益って知ってますか?

「いや、当たり前だろ!!」って思う方は、利益とはどういうものか説明できますか?

利益は、案外説明できない方や、誤った理解がしている方が多いのです。

それを確かめるために、以下の例題を解いてみてください。

例題

 

たかしくんは今月のAmazonの売上が100万円でした。
Amazonに支払った手数料は30万円です。
今月の仕入れ金額は40万円です。
さて、たかしくんは今月いくらの利益になったでしょうか?

みなさん、わかりますか?

ちなみにここでは、ネット回線やAmazon月額費用などの小さな経費は無視することとします。

100万円の売上で30万円の手数料なので、
入金額は70万円なのは容易にわかります。

今月の仕入れ金額は40万円なので、
入金額の70万円から40万円を引いて残った30万円が利益かなと思ったあなた。

残念、不正解です!!

答えは、

上の例文では利益がいくらなのかはわからない

です。

別にひっかけ問題ではありませんからね(笑)

売上原価

 

上の例文で30万円と思った方は、利益というのは

売上-仕入れ-経費

と漫然と思ってるの方が多いです。
(経費はここではAmazon手数料を指します。)

利益というのは正しく言うと、

売上-売上原価-経費

です。

売上原価って普通に生活してたら聞きなれない言葉ですよね。

売上原価とは、売れた分に対応した原価のことです。

商品の原価と理解しておいて構いません。

さっきの例題ですと、100万円の売上がありました。

しかし、原価がいくらかかっていたのかはわかりませんよね?
記載がないですから。

仕入れ金額は40万円ですが、仕入れ金額は原価ではないです。

利益を算出する際には、仕入れ金額は一切関係ない数字です。

100万円の売上があり、その売り上げた商品の原価がわからないから、利益が算出できないのです。

では、以下の例題だとどうでしょう?

たかしくんは今月のAmazonの売上が100万円でした。
Amazonに支払った手数料は30万円です。
また、今月売り上げた商品の内訳は以下の通りです。

商品A 原価1,000円 100個
商品B 原価1,500円 200個
商品C 原価800円 100個

さて、たかしくんは今月いくらの利益になったでしょうか?

このケースだと利益が判明します。

まず、入金額は100万円-30万円で先ほどと変わりません。

売上原価は、

1,000×100+
1,500×200+
800×100
=480,000

48万円です。

したがって、利益は、

70万円-48万円=22万円

になります。

つまり、利益を出すには、

商品1個あたりの原価を求める必要がある

ということがわかったと思います。

棚卸資産

 

売上原価は以下の式でも求められます。

売上原価=期首棚卸高+期中商品仕入高-期末棚卸高

なんだか、専門的な用語が並んでますね。

でも、難しいものではないのできちんと理解してくださいね。

まず、機首棚卸高というのは、月初の在庫金額のことです。

在庫金額とは、現在持っている在庫の原価合計です。
棚卸資産とも言います。

例えば、10月1日に以下の在庫を持っていたとします。

商品A 原価1,000円 100個
商品B 原価2,000円 100個
商品C 原価1,500円 50個

この場合、10月の機首棚卸高は、

1,000×100+
2,000×100+
1,500×50
=375,000円です。

10月1日に37.5万円分の在庫を持っていたということですね。

期中商品仕入高とは、その時期に納品した商品です。

例えば10月5日に原価800円の商品Dを150個、
10月23日に原価1,300円の商品Eを200個を、
Amazon倉庫に納品したとします。

この場合の期中商品仕入高は、

800×150+
1,300×200
=380,000

38万円です。

期末棚卸高とは、月末の在庫金額です。

10月でいうと、31日ですね。

では、10月31日の在庫状況が以下の通りだとします。

商品A 原価1,000円 50個
商品B 原価2,000円 80個
商品C 原価1,500円 10個
商品D 原価800円 100個
商品E 原価1,300円 100個

期末棚卸高はいくらでしょう?

簡単ですね。

1,000×50+
2,000×80+
1,500×10+
800×100+
1,300×100
=435,000

43.5万円ですね。

月末に、43.5万円の在庫を持っていたという意味です。

まとめると、

期首棚卸高 37.5万円
期中商品仕入高 38万円
期末棚卸高 43.5万円

です。

月初に37.5万円の在庫があり、38万円を在庫を途中で納品したので、
これらを足すと75.5万円になります。

月末に43.5万円の在庫が残っていたということは、
75.5万円-43.5万円=32万円

つまり、32万円分の在庫が売れたということになるのです。
よって、売上原価は32万円です。

したがって、先ほどの式

売上原価=期首棚卸高+期中商品仕入高-期末棚卸高

が成り立つことがわかると思います。

こうやって見ると、簡単ですよね?

この月では、商品A,B,C,D,Eを保有していますよね?
月初にA,B,Cを持っていて、途中でD,Eを納品しましたから。

これらの商品が全く売れないと、10月31日には以下のような在庫状況になります。

商品A 原価1,000円 100個
商品B 原価2,000円 100個
商品C 原価1,500円 50個
商品D 原価800円 150個
商品E 原価1,300円 200個

これは、最悪の状況です。
1ヶ月で全く売れてないという状況です。

売上原価0で、売上ももちろん0のはずです。

しかし、今回は、10月31日の在庫状況が以下の通りでした。

商品A 原価1,000円 50個
商品B 原価2,000円 80個
商品C 原価1,500円 10個
商品D 原価800円 100個
商品E 原価1,300円 100個

商品A,B,C,D,Eがそれぞれ、
50個、20個、40個、50個、100個売れたのです。

したがって、

商品Aの10月の売上原価
1,000円×50個=50,000円

商品Bの10月の売上原価
2,000円×20個=40,000円

商品Cの10月の売上原価
1,500円×40個=60,000円

商品Dの10月の売上原価
800円×50個=40,000円

商品Eの10月の売上原価
1,300円×100個=130,000円

となります。

これらを全て足すと10月の売上原価になりますよね?

50,000+
40,000+
60,000+
40,000+
130,000
=320,000円

先ほどの棚卸高をもとにしてする計算よりは面倒ですが、
こちらの計算でも同じ結果になることを確認してください。

長くなりましたが、ここまで読んで理解できない方は何回も読み直してください。

Amazonに限らず、ビジネスをやる上で利益について理解していないのは致命的です。

利益については完璧に理解しましょう!

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が面白いなと思った方は下記のリンクをポチってください。

よろしくお願いします。


輸入・輸出ビジネスランキング

P.S.

現在、中国輸入のコンサルティングを、
初期費用無料でやっています。

ご興味のある方は、下記のコンサル詳細をご覧ください。

コンサルティング詳細

関連記事

  1. 会計

    輸入ビジネスで融資を受けるのに必要な5つのポイント

    みなさんこんにちは。最近夏バテ気味のホッシーです。実はいま…

  2. 中国輸入

    中国輸入にかかる経費

    輸入ビジネスには数多くの経費がかかってきます。よく、胡散臭い塾…

  3. 会計

    利益率とROIについて

    利益率ってよく聞きますよね?よく聞く割にはあまり理解できていない方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP