中国輸入

中国輸入にかかる経費

輸入ビジネスには数多くの経費がかかってきます。

よく、胡散臭い塾やコンサルのセールスページに、

タオバオ価格 600円
Amazon販売価格 1800円

差額  1200円

約67%の利益率!!

こんな商品がゴロゴロ見つかります!!
リサーチの裏技、全て教えます!!

【お申し込みはこちらから】

なんてのがありますね。
確かに、タオバオの価格で600円でAmazon価格1800円はゴロゴロ見つかります。

しかし、上記の計算は、仕入れにかかる経費やAmazon手数料などを全て無視したものです。

この記事では、Amazon中国輸入にかかる経費や手数料の説明します。

仕入れ経費

まず、仕入れる際にかかってくる経費の計算です。

これらのものは、仕入れた時点で発生する費用です。
これらを全て足したものが、仕入原価となります。

商品価格

タオバオやアリババの商品の価格です。最も基本となる原価。

国際送料

これも大きな経費です。
業者やボリュームによって異なりますが、平均的に1kgあたり450円くらいでしょうか。
100kgくらいの転送ボリュームがあれば、1kgあたりの送料を300円ほどに抑えられます。
逆に、10kg程度しか転送しない場合、1kgあたり700円とか800円あたりの費用がかかります。

代行手数料

タオバオやアリババで商品を仕入れるときは、代行業者がいないと仕入れられません。
中国国内に住所を持っている人でないと、原則的に決済自体ができないからです。
そこで、中国に倉庫を持つ代行業者を使って代わりに購入してもらうのですが、その際に払う手数料があります。
おおよそ、購入した商品代金の5%〜10%ほどのところが多いです。

中国国内送料

タオバオなどのセラーから代行業者の倉庫までの送料です。
これもまちまちですが、10元(この記事を書いている時点では1元あたり15.8円)ほど取るショップが多いです。
もちろん沢山買えば20元、30元と取りますし、送料無料の業者もあります。
基本的には、沢山買えば買うほど、1個あたりの中国国内送料は抑えられます。

関税・消費税

消費税とは輸入消費税のことです。決済した額の8%です。
関税はまちまちですが、5%くらい見ておけばいいでしょう。

為替手数料

代行業者によっては為替手数料をとるところがあります。
高いところでは、10%近く徴収してきたりします。

決済手数料

PayPalなどで決済した時にかかります。
PayPalの決済手数料は3.8%です。

FBA倉庫までの送料

自宅に荷物が届いて、それにFBAのラベルを貼りますよね?
そしてまたAmazonの倉庫に送ります。その際にかかる送料です。
商品1個あたりの送料を求める方法はいくつかありますが、
かかった送料÷貨物全体の重さ(g)
で1gあたり何円なのかを求めて、その数字にその商品の重さを掛ければ1個あたりの送料が求められます。

ラベル貼り付け代

中国の代行業者から、日本の自宅を介さずに直接Amazon FBA倉庫に送る場合、ラベルの貼り付け手数料などがかかります。
10円から20円/個 程度。

梱包費用

OPP袋などで商品を個別に梱包した場合にかかる費用。
ここまで細かな数字を1個あたりの原価に反映されるのは面倒なので、梱包用品などはまとめて経費で計上するのが普通です。

他に、代行業者に検品を任せた場合、検品費用がかかったりします。

販売手数料

ここからは販売手数料の説明をします。

今までのものは仕入れた時点でかかりましたが、これらのものは売れてから初めてかかるものです。
ですので、分けて考えましょう。

仕入原価にはもちろん計上しません。

販売手数料

Amazonで考えますが、商品が売れた時には販売価格に対して8%〜15%の販売手数料がかかってきます。
10%のものが多いです。
どの商品が何パーセントかかるかは、FBAシミュレーターを見てください。

FBA手数料

FBAを利用した時にかかる手数料。
商品のサイズにもよりますが、およそ340円くらいかかります。

これらを元に、かかる経費をシミュレーションしてみましょう。

冒頭と同じケースで、タオバオ価格600円でAmazon価格1800円です。
重量は800gで、1kgあたりの送料は450円です。
代行手数料5%で為替手数料5%の業者を使い、PayPalで決済します。

商品価格:600円

国際送料:450*0.8=360円

中国国内送料:ここは1個あたりおよそ40円と仮定します

ここまでで600+360+40=1000円

代行手数料:600*5%=30円

為替手数料:1000*5%=50円

ここまでで1000+30+50=1080円

決済手数料:1080*3.8%=41円

ここまでで1080+41=1121円

関税:1121*5%=56円

輸入消費税:1121*8%=90円

倉庫までの送料は10円と仮定

合計 1121+56+90+10=1277円

なんと、仕入原価が1277円にもなりました。
商品価格の倍ぐらいあります。

販売価格は1800円ですが、

販売手数料:1800*10%=180円

FBA手数料:340円

これらを考慮すると、実際に口座に入金される額は、

1800-180-340=1280円です。

つまり、利益は、

1280-1277=3

3円です (笑)

利益率0.23%ですね!!

今回言いたいことは、商品の価格以外にも様々な経費がかかり、それをきちんと計算しましょうということです。

 

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が面白いなと思った方は下記のリンクをポチってください。

よろしくお願いします。


輸入・輸出ビジネスランキング

関連記事

  1. リサーチ

    Amazonで中国輸入の商品が見つからない場合の3つのヒント

    中国輸入の初心者がリサーチで最初にぶち当たる壁があります。それ…

  2. 中国輸入

    OEMなんてやる必要がない理由

    最近、OEMという言葉が流行っていますね。Amazon中国輸入…

  3. リサーチ

    Amazonの商品をアリババやタオバオで探す2つの方法

    中国輸入は、Amazonの商品と同じものをタオバオやアリババなどの中国…

  4. リサーチ

    【中国輸入リサーチ基礎】関連商品リサーチ

    中国輸入リサーチ方法の第三弾は関連商品リサーチです。このリサー…

  5. 中国輸入

    【中国輸入現地仕入れ】中国各都市の特徴、仕入れ方法、行き方などを解説

    こんにちは。ホッシーです。実は先日、香港の展示会に行ってました…

  6. 会計

    利益率とROIについて

    利益率ってよく聞きますよね?よく聞く割にはあまり理解できていない方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP