会計

利益率とROIについて

利益率ってよく聞きますよね?
よく聞く割にはあまり理解できていない方が多いような気がします。

確かに、絶対的な利益額は重要です。
転売ビジネスをやっている以上、1個3000円とかの利益が出たら非常に嬉しいですよね。

しかし、輸入ビジネスでは利益率、とりわけ、投下資本利益率というものが非常に大切な指標となってきます。

利益率

そもそも利益率ってなんでしょう?
それは、「売上高に対して利益の割合はどれくらいか?」という指標です。

利益率とは、以下の式で求められます。

利益率(%)=利益÷売上高

非常に簡単な式ですね。
例えば、Amazon販売価格2000円で、仕入原価が1000円、Amazon手数料が500円とします。

このケースだと、手数料が500円なので、入金額が

2000-500=1500円です。

仕入原価が1000円なので、利益額は

1500-1000=500円

したがって利益率は、

500÷2000=0.25

百分率なので、利益率は25%です。

利益率は非常に頻繁に使用します。
どこの企業でも、利益額と同じくらい大切な指標として扱われています。

ちなみに、中国輸入ビジネスでは利益率は25%〜30%くらいの人が多いです。
人によっては40%も50%もあったりします。

欧米輸入だと15%〜20%程度の人が多いですね。
中国輸入だとやはり30%くらいは目指したいところです。

ところで、30%の利益率ってどう思います?
高いと思いますか?

実はこれ、とんでもなく高いのです!

トヨタなどの自動車業界の平均利益率は5%程度、イオンなどの小売業界は3%程度。
ヤマダなどの家電量販店はなんと1%です。

正直、利益率30%の企業なんてほとんどないです。
ITや金融などの、原価のあまりかからない企業で時々あるくらいです。

在庫を持つビジネスで30%の利益率を出す企業なんて皆無です。
日本だとキーエンスくらいでしょうか。

こう見ると、ネットを販路とした輸入ビジネスってすごいです。

投下資本利益率(ROI)

輸入ビジネスで使う利益率として、もう一つ、投下資本利益率というものがあります。
ROI (Return On Investment)とも呼ばれます。

読み方ですが、「ロイ」じゃないですよ。
「アールオーアイ」ですからね。

ROIですが、「投下した資金のうち、どれくらいの割合の利益を生み出しているか」という指標です。
計算方法は以下の通りです。

ROI(%)=利益÷仕入原価

先ほどの例ですと、仕入れ原価が1000円で利益が500円でした。
したがって、投下資本利益率(ROI)は、

500÷1000=50%です。

つまり、1000円の仕入原価に対して50%の500円が利益として返ってきましたよという意味です。

輸入ビジネスに関してですが、このROIを特に意識してください。
それはなぜか?

理由は、資金を効率的に動かすという意識を持って欲しいからです。

例えば貴方は10万円の資金があるとします。
この資金を全て使い、輸入の仕入れを行います。
海外から商品を輸入すると届くまで時間がかかるので、売り上げが反映されるのは1ヶ月後としましょう。
ここでは計算を極めて単純化するために、仕入れたものは100%全て1ヶ月で売りきれると仮定します。

ここでは、ROI 30%と50%の2パターンを考えて見ましょう。
下の表が、最初の資金の10万円がどれくらい増えていくか計算したものです。

最初の1ヶ月はあまり変わりませんが、5ヶ月後になるとすごい差が出てきますよね。
たった20%のROIの差が、5ヶ月後には倍の資金の差が出てきています。

これを僕は複利のマジックと呼んでいます。

つまり何が言いたいかというと、
ROIを常に意識しましょう
ということです。

中国輸入なら最低でも40%は欲しいです。
欧米輸入なら20%以上でしょうか。

60%以上あれば、かなり資金の膨らむスピードが早いです。
中には、ROI 150%とか200%でやっているプレイヤーもいます。

仕入れ金額500円に対して、利益1000円みたいな商品をゴリゴリ売るイメージです。

特に中国輸入は資金のない人が多いので、ROIの高さは重要となってきます。
微妙なROIの違いが、数ヶ月後に圧倒的な差を生むからです。

資金が10万円とか20万円しかない人はROIだけを見ましょう。
利益額なんて正直どうでもいいです。
300円以上あればいいと思います。

高いROIを持つ商品を仕入れて、一気に資金を増やしましょう!

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が面白いなと思った方は下記のリンクをポチってください。

よろしくお願いします。


輸入・輸出ビジネスランキング

P.S.

630ページにもなる大量ボリュームの中国輸入教材を無料でダウンロードできます。

この教材をダウンロードしてくれた方には45分間の無料Skypeコンサルもさせていただきます。

詳しくは下記のリンクまで

最強のAmazon中国輸入マニュアル

関連記事

  1. 中国輸入

    中国輸入にかかる経費

    輸入ビジネスには数多くの経費がかかってきます。よく、胡散臭い塾…

  2. 会計

    輸入ビジネスで融資を受けるのに必要な5つのポイント

    みなさんこんにちは。最近夏バテ気味のホッシーです。実はいま…

  3. くだらない話

    2017年12月の成績

    みなさん、あけましておめでとうございます。2018年が始まりました…

  4. 会計

    月利とは?利益の正しい知識をつけましょう

    みなさん、利益って知ってますか?「いや、当たり前だろ!!」って…

  5. 会計

    キャッシュフローとは?月利と月収の違い

    みなさん、キャッシュフローって知ってますか?利益と同じく大切な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP