中国輸入

中国輸入と欧米輸入の比較

輸入ビジネスをやっていると必ず話題に上がるのが、

「中国輸入と欧米輸入、どっちをやればいいの?」

ということです。

結論から言うと、その人の目指す方向性や資金力などによって異なります。
そこで、様々な角度から、中国輸入と欧米輸入を比べたいと思います。

初心者の取り掛かりやすさ

リサーチの簡単さに関しては圧倒的に欧米輸入です。
何故ならば、リサーチした商品を見つける難しさが違うからです。

初心者が輸入ビジネスを取り組む場合、必ずと言っていいほど最初はAmazon相乗り出品から始めます。
既存のAmazonの商品ページで、売れている商品を見つけて、それをアメリカAmazonなりアリババから探してくるわけです。

欧米の商品は基本的には型番商品です。

ヘッドホンで例えるならば、「SONY MDR100-X」みたいな感じです。
型番が決まっているので、リサーチに時間がかからないわけです。

また、同一商品ならば、日本のAmazonのASINコードと欧米AmazonのASINコードが一致していることも多いです。
ASINが同じならリサーチするのに2秒くらいで終わってしまいます。

それに対して中国は、ノーブランドの商品を扱うため、型番がありません。

そのため、商品の特徴を中国語に翻訳して、それをアリババやタオバオに入力して探さなければなりません。

何の個性もない商品(例えば、黒い革製の財布など)ならば、「黒 革 財布」などのワードで探さなければならないので、非常に見つけるのが難しいです。
そのため、探している商品が見つかれば、利益を取れる可能性が高いです。

イメージとして、欧米輸入は50商品に1商品利益がとれて、中国輸入は10商品に1商品利益がとれるといった感じです。

欧米輸入は探すのが簡単と言いましたが、結局は探すのが簡単なぶん競合が多くなるので、どちらが初心者向きといったことは決められないですね。

必要資金

明らかにこれは中国輸入の方が資金がいりません。
以前の記事で、利益率のお話をしました。

利益率とROIについて

上記の記事でも言った通り、ROIで考えると、平均的に欧米輸入は20%で中国輸入は40%ほどです。

もし仮にROIが20%ならば、10万円を稼ぐのにいくら必要でしょうか?

100,000÷0.2なので、50万円ですね。
ROIが40%ならば、25万円の資金で済みます。

効率的に資金を増やせるという意味ですと、中国輸入に軍配が上がるでしょう。

単価利益

よく言われることの一つに、
「欧米商品は商品1個あたりの利益が高く、中国商品は安い。だから、中国輸入は商品をたくさん売らなければいけなくて大変だ。」
というものがあります。

確かに中国商品は単価利益が低いです。
安いもので300円ほど、高くてもせいぜい3000円程度でしょう。
3000円の利益がとれる商品なんてほとんどありませんが……

僕の平均単価利益は600円くらいです。

それに対して欧米は、1000円なんて結構安い方で、ものによっては5000円も6000円も利益がとれる商品があります。
まあ、1500円くらいの利益でやってる方が多いイメージです。

しかし、中国はたくさん売らなければならなくて大変だというのはよくわかりません。

そもそもAmazonはFBAというサービスがあるので、沢山売ろうと手間は変わらないはずです。
FBA納品の時のラベルの枚数が増えるくらいでしょう。

しかし僕はラベル貼りを外注しているので関係ありません。

あと、もう一つ重要なことですが、中国輸入は単価が安い分、商品が沢山売れます。
どういうことかと言いますと、1種類の商品を沢山仕入れられるのです。

単価利益3000円の商品が月に1個売れたとしたら、月あたりの利益は3000円です。
しかし、単価利益が300円でも、それが月に20個売れたら、その商品の利益は6000円なのです。

中国商品は欧米商品より単価利益は低いですが、1商品がもたらす月の総利益を考えると、欧米商品よりも高いことが多いのです。

品質

聞くまでもないと思いますが、欧米商品の方がいいです。

アリババやタオバオの中国商品は昔は本当に粗悪品が多かったです。

服の糸のほつれなんて当たり前ですが、ひどい時はジーンズのボタン穴が開いていないものがありました。
中国人消費者はそんなこと気にせず、自分で穴を開けて穿くのです。

しかし最近は中国商品もだいぶ品質がよくなりました。
ここ1、2年でも劇的な変化がありました。

中国人も顧客満足度を気にするようになったのでしょうか?

品質が上がったとはいえ、セラーの評価はきちんと見て仕入れましょう。

将来性

欧米輸入にしろ、中国輸入にしろ、最初は単純転売の相乗り出品から始めます。
ですが、単純転売にも限界を感じてきます。

月70万円くらいの利益でしたら気合いでどうにかなるのですが、それ以上となるとなかなかしんどさを感じてきます。

ちなみに単純転売とは、欧米輸入ならebayやアメリカ、ヨーロッパアマゾン、
中国輸入ならアリババやタオバオから仕入れ、日本のアマゾンとの価格差で利益を出すことを言います。

月に100万円以上稼ごうとすると、少し工夫が必要なのです。

欧米輸入なら直接取引(直取)です。
アマゾンやebayだけでなく、メーカーや卸売業者から安く仕入れて利益を上げる方法です。

直取を極めれば月利100万や200万も十分狙えます。

中国の場合は何と言ってもOEMを活用した新規出品です。

OEMメーカーとは、工場に委託して製品を生産することです。
OEMを請け負う工場をOEM工場と言います。

OEMを利用してAmazonで販売する中国輸入セラーは、OEMメーカーという立ち位置になります。

OEMメーカーが通常のメーカーと違うのは、工場の設備投資がないところです。

わかりやすい例を出すと、あるOEM工場が赤い色の財布を生産していたとします。
あなた(OEMメーカー)は、その財布のデザインは気に入っていますが、黒い色が欲しいとします。

OEM工場からすると、すでに生産ラインは持っているので、同じデザインで色違いを作ることなど簡単なわけです。
つまり、同一デザインの色違いを作ってもらえるのです。

また、あなたのショップのロゴを商品に刻印したり、タグなども作ってくれたりします。
つまり、世界に一つの商品が作れるわけです。

これはどういうことかわかりますか?

この商品を作れるのはあなただけなので、誰にも相乗りされないということです。

あなたのショップ名で商標登録をとり、その商標を商品に刻印するだけで、知的財産権が保護されるのです。
もし相乗りしてくるセラーがいたら、商標権の侵害で相手を強制出品停止に追い込めます。

OEM生産をすると最低ロットが50個とか100個、場合によっては1000個とか要求されます。
しかし、当たればかなりデカイのです。
誰にも相乗りされずに、独占販売できるわけですから。

OEMで成功した中国輸入セラーですと、月利1000万円くらいいってる人も稀に見ます。

中国輸入は非常に爆発力があることがおわかりいただけたかと思います。

まとめ

長々と書きましたが、結論をまとめたいと思います。
まず、完全な初心者がAmazon輸入ビジネスを始める場合、資金を考えてみましょう。

資金が少ない(30万円以下)、学生や主婦などは中国輸入が向いています。
サラリーマンのようなある程度資金がある方は欧米輸入が向いています。

しかしあくまでこれは目安です。
さすがに資金10万円や20万円で欧米輸入は厳しいでしょうが、50万円以上資金があるのならば自分の好きな方をやるといいでしょう。

嫌いなものは絶対に長続きしませんからね。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が面白いなと思った方は下記のリンクをポチってください。

よろしくお願いします。


輸入・輸出ビジネスランキング

関連記事

  1. 中国輸入

    OEMなんてやる必要がない理由

    最近、OEMという言葉が流行っていますね。Amazon中国輸入…

  2. 中国輸入

    【知的財産権講義】中国輸入のコピー品とその危険度

    中国輸入ではコピー品、偽物などが多く存在しますが、実際どこまでのラ…

  3. Amazon

    世界各国に販売先を拡大するブルーオーシャン戦略

    こんにちは。ホッシーです。中国輸入をやっている方のほとんど…

  4. リサーチ

    中国輸入リサーチで儲かる商品が見つからない

    中国輸入をやっていると初心者が必ずぶち当たる壁があります。それは、…

  5. リサーチ

    【中国輸入リサーチ基礎】セラーリサーチ

    Amazon輸入において、最も簡単かつ強力な方法があります。そ…

  6. 会計

    輸入ビジネスで融資を受けるのに必要な5つのポイント

    みなさんこんにちは。最近夏バテ気味のホッシーです。実はいま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP