リサーチ

Amazonの商品をアリババやタオバオで探す2つの方法

中国輸入は、Amazonの商品と同じものをタオバオやアリババなどの中国サイトから探し、仕入れることがほとんどです。
特に、相乗り出品をしている場合はこれの繰り返しです。

今回は、Amazonの商品をどうやって中国から探すのか教えます。

翻訳ツールを使う

まずは、もっとも基本的なリサーチ方法です。

商品の特徴を中国語に翻訳して、その翻訳結果をアリババやタオバオの検索窓に入れて探す方法です。

今回は、こちらの商品を例にとりましょう。

シャワーの水がレインボーに光るという、ラブホテルにありそうなオシャレなシャワーヘッドです(笑)

これを中国に翻訳します。
翻訳するツールはなんでもいいんですが、僕はGoogle翻訳を使っています。

さて、ここから商品の特徴を翻訳していきます。

範囲が広すぎるワード、例えば、「シャワーヘッド」だけだと沢山のシャワーヘッドが出てきてしまい、
アリババで探すのに相当時間がかかってしまいます。

かといって、
「【ノーブランド品】お肌に 優しい 活性炭 入り LED シャワー ヘッド ( レインボー 3色 タイプ)」
みたいにAmazonのタイトルをそのままコピーしても出てきません。

「お肌に優しい」とかは明らかにいらないワードですよね。

今回は、「LED シャワーヘッド レインボー」で検索してみました。

この時の注意点ですが、中国語は簡体字にしてください。

中国語は繁体字というものと、簡体字というものがあります。
繁体字は台湾や香港、シンガポールなどで使われている漢字です。
簡体字は繁体字を簡素化したもので、中国本土で使われている漢字です。

ですので、翻訳する先を簡体字に設定しましょう。

「LED花洒彩虹」という翻訳結果が出ましたが、これをまずはアリババの検索窓に入れます。

そうすると、1ページ目の下の方にそれらしきものが出てきましたね。

どうですか?簡単ですよね?
今回の商品は結構簡単に出てきましたが、なかなか出てこない場合も多々あります。

例えば、バイクってありますよね?
バイクをGoogleで翻訳すると「自行车」と出てきます。

これ、実は自転車という意味なのです。

つまり、バイクのパーツを探したくて検索しても自転車パーツばかり出てきてしまうのです。

これをちょっと工夫して「オートバイ」と検索するときちんと「摩托车」という翻訳結果が出るのです。

なかなか目当ての商品が出てこない場合は検索ワードを変えて試行錯誤しましょう。

画像検索

これは非常に協力なツールです。
欧米輸入のリサーチでも使えます。

実は、Googleには画像検索という機能があるのはご存知でしたか?
探したい画像を張りつけるだけで、その画像があるWebページを検索してくれる凄まじい機能なのです。

とりあえず、下記のコスプレウィッグを例にとって解説しましょう。

この商品、キーワードを翻訳して検索してもいいんですが、もっと早い方法があるのです。

まず、Google画像検索を開きます。

次に、Amazonの商品の画像を、Google画像検索のところにドラッグ&ドロップします。


そうすると、なんと、この画像のあるサイトが表示されてしまうのです!

一番上にタオバオのページが表示されましたね。
ここのページに飛ぶと、、、

全く同じ商品が出てきました。

どうですか?
非常に効率的ですよね。

今回はタオバオのページが出てきましたが、アリババがあればもちろんアリババを優先的に見てください。
アリババの方が基本的に安いですから。

相乗りで中国輸入リサーチをする際の最初のアプローチは、翻訳か画像検索、この2つしかありません。

順番としては、まず最初に画像検索をしてください。

画像検索で見つからなかった場合は、キーワードを翻訳してアリババやタオバオ、
場合によっては英語翻訳してアリエクスプレスなどで探していきます。

中国輸入でずっと使う方法なので必ずマスターしてくださいね!

それにしても、Googleのサービスはすごいです……

関連記事

  1. 中国輸入

    【中国輸入現地仕入れ】中国各都市の特徴、仕入れ方法、行き方などを解説

    こんにちは。ホッシーです。実は先日、香港の展示会に行ってました…

  2. リサーチ

    【中国輸入リサーチ基礎】関連商品リサーチ

    中国輸入リサーチ方法の第三弾は関連商品リサーチです。このリサー…

  3. リサーチ

    中国輸入リサーチで儲かる商品が見つからない

    中国輸入をやっていると初心者が必ずぶち当たる壁があります。それは、…

  4. 中国輸入

    中国輸入にかかる経費

    輸入ビジネスには数多くの経費がかかってきます。よく、胡散臭い塾…

  5. リサーチ

    【中国輸入リサーチ基礎】キーワードリサーチ

    さて、今回から3回に渡り本格的に中国輸入リサーチの記事を書いていきます…

  6. 中国輸入

    【知的財産権講義】中国輸入のコピー品とその危険度

    中国輸入ではコピー品、偽物などが多く存在しますが、実際どこまでのラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP