中国輸入

【知的財産権講義】中国輸入のコピー品とその危険度

中国輸入ではコピー品、偽物などが多く存在しますが、
実際どこまでのラインがセーフでどこまでがアウトなのか理解している人は意外と少ないです。

今回は、タイプ別にその危険度を解説していきます。

この記事は知的財産権の基本的な知識がある前提で話をします。

知的財産権についてあまり理解していない方は前回の記事、
【知的財産権講義】商標権?著作権?主要な知的財産権5つを解説を読んでからこの記事をお読みください。

危険度MAX: 完全なコピー品

 

完全なコピー品とは、本物と全く同じように作ったコピー品のことです。
よくある例ですと、ルイヴィトンやグッチの偽物バッグなどです。

Amazonだと下記のような商品です。

まず、ブランド名ですが、「J!NX」というものですね。
このブランドですが、ググると公式ホームページが出てきます。

Amazonの商品説明文にも「公式ライセンス品」や「偽物注意」などと記述がありますね。

この商品ですが、実はタオバオから全く同じようなものが仕入れられるのです。

ブランドタグなどのところまで細かく再現されていますよね。

しかしこの商品、「同じ商品見つけた!」なんて言ってタオバオから仕入れて販売してしまうと完全にアウトです。

ブランド品の偽物を販売しているわけですから。

しかし、こういった商品を販売している方は意外と少なくありません。

まず、ブランド名をグーグルなどで検索して、その商品の公式ホームページなどが出てこないか確かめましょう。

完全な偽物販売はAmazonのアカウント一発閉鎖です。
復帰なんて絶対に無理です。

権利者に訴えられたら逮捕されてしまう可能性だってあります。

商標権や著作権だけの範疇ではなく、詐欺罪などに問われる可能性だってあります。
偽物商品を本物と偽って販売しているわけですからね。

とにかく、一番危険なケースです。

危険度高: 商標権侵害商品

 

商標権とは、企業のロゴですよね。
こういった商品もかなり危険な商品となります。

実例をあげてみましょう。

この商品ですが、厳密に言うと、上で出てきたような偽物商品ではありません。

モンスターエナジーのバイクグローブですが、
そもそもモンスターエナジーは飲料の会社であり、バイクグローブなど生産していないからです。

本物の商品がそもそも存在しないのです。

しかし、この商品はモンスターエナジーに許可(ライセンス)を取らずに勝手にロゴを使用しているものです。

つまり、商標権の侵害なのです。

この商品はかなり危険度が高いです。

もしモンスターエナジー社からAmazonにクレームがいったら
販売しているセラーのアカウントは一発で止まるでしょう。

もう一つの例も見てみましょう。

この商品は、人気スケーターブランド「STUSSY」のロゴを無断使用したiPhoneケースです。

しかし、この商品は商標権の侵害くらいでは済まされません。

よく見ると、Amazonのページのブランド名に「STUSSY」と書いてありますね?

これ、購入者からすると「STUSSYが出してるiPhoneケースだ!」と誤解されますよね?

つまり、虚偽の記載なので、これは詐欺なのです。

購入者からの通報もかなりの確率で起こるでしょう。

かなり悪質なので最悪のケースだと逮捕されてしまいます。
この商品の危険度はMAXです。

危険度高: 著作権侵害商品

 

著作物を勝手に使用した商品もかなり危険度が高いです。

こちらの商品ですが、明らかにトトロですよね?
スタジオジブリに許可を得ていなければ当然著作権の違反です。

こういったようなキャラクターのパクリiPhoneケースはアマゾンに結構出品されています。

ちなみに、となりのトトロのグッズは輸入差止めの申し立てがされています。

輸入差止申立とは、知的財産権を所有する企業が、
税関に申請して認可されれば知的財産を侵す商品を税関に差し止めてもらえる制度です。

通常は知的財産を違反している商品は権利者が探して訴えなければなりません。

しかし輸入差止申立がされていれば、
日本にコピー品などが輸入された段階で税関が通関ストップしてくれるのです。

つまり、輸入差止申立がされている知的財産を侵害するような商品は、
そもそも税関で止まる可能性があるということです。

税関でストップしたら権利者に連絡がいき、侵害した者に訴状が届くケースもあります。

輸入差止申立がされている知的財産については税関のホームページで確認できます。

ちなみに、ディズニーの商品は危険度MAXです。

僕の周りでAmazonアカウントが閉鎖されている人はディズニーの著作権を侵害した人がかなり多いです。

ミッキーやドナルドのiPhoneケースや、Tシャツ、ステッカーなど様々な商品がありますが、
絶対にディズニー関連商品は中国から輸入してはいけません。

あの企業は非常に知的財産にうるさく、常に見張っています。
ディズニーに喧嘩を売っても絶対に勝ち目がないのでやめましょう。

危険度中: パロディ商品

 

パロディ商品とは、
「既存の著名な作品や文体及びロゴなどの特徴を一見してわかるようにしたまま、全く異なる表現をして面白おかしくしたもの」です。

有名な商品だと「白い恋人」をパクった「面白い恋人」ですよね。
お笑いで有名な吉本工業が発売したものです。

白い恋人と商品名がほぼ同じで、パッケージの外観も似ているとして、
白い恋人を生産している石屋製菓が商標権に基づき、
吉本興業に販売差し止めと廃棄を求める訴訟を起こしました。

結局、吉本興業側がパッケージの図柄を変更して、
原則として関西での販売に限り、損害賠償金は支払わないことで和解が成立しました。

Amazonでも結構多くのパロディ商品があります。

この商品、面白いですよね。
adidogって 笑

完全にadidasのパクリです。
adidasの三本のラインのとこが犬の骨の模様になっているのが秀逸です。

パロディ商品に関しては、正直グレーなんです。

確かに著作権や商標権に違反する可能性はありますが、
パロディという行為も創造性がなければできないので一種の著作物なのです。

また、上記のようにパロディ商品に対する訴訟はそこまで多くはありません。

かといって完全に合法というわけではありません。
違法と判断されても文句は言えません。

あくまでも自己責任でお願いします。

危険度小: コスプレ商品

 

アマゾンのアニメのコスプレ商品は中国輸入商品ばかりです。

また、中国輸入を始める初心者はコスプレグッズから入る人が多いのも事実です。

ですが、アニメのコスプレも著作権を侵害する恐れがありますよね?
答えはイエスです。

しかし、著作権を本当に侵害するのかは極めて曖昧なラインで、
また、コスプレに関してだけ黙認されている世の中の風潮というのもあります。

この商品ですが、ワンピースのルフィの著作権を侵害してそうですよね?

でもタイトルをよく見ると「ルフィ風」と書いてあります。
ルフィではなくて、ルフィ風なんです 笑

限りなくグレーなラインなのですが、
実際の問題としてほとんど取り締まりが行われていないのが現状です。

しかし、過去にAmazonで「進撃の巨人」のコスプレグッズが一斉出品停止になったことがあります。

つまり、完全にホワイトとは言えないのです。
危険度は少ないですが、十分注意しましょう。

ただし、コスプレグッズでも商標が入っている商品はアウトです。
例えば以下のような商品です。

この商品ですが、スーパーマンのロゴが入っていますよね?
つまり、商標権を侵害してしまう恐れがあるのです。

この商品は危険度が非常に高いと考えてください。

まとめ

 

今まで知的財産を侵害する恐れのある商品を具体例を交えて紹介してきました。

しかし、今回紹介した商品はどれもシロではありません。
全部アウトになる可能性があるものです。

知的財産に触れそうな商品は儲かる商品が多いのは事実ですが、危険度も高いです。

短期的に見ると甘いフィールドですが、再現性のあるビジネスモデルではありません。

知的財産権の侵害には十分気をつけましょう。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が面白いなと思った方は下記のリンクをポチってください。

よろしくお願いします。


輸入・輸出ビジネスランキング

関連記事

  1. 中国輸入

    中国輸入代行業者及び中国人パートナーへの送金方法

    アリババやタオバオなどから商品を購入する場合は、日本人では買えない…

  2. リサーチ

    中国輸入の仕入先

    僕がやっているのは、中国輸入です。一般的に中国輸入とは、タオバ…

  3. リサーチ

    【中国輸入リサーチ基礎】関連商品リサーチ

    中国輸入リサーチ方法の第三弾は関連商品リサーチです。このリサー…

  4. 中国輸入

    【中国輸入現地仕入れ】中国各都市の特徴、仕入れ方法、行き方などを解説

    こんにちは。ホッシーです。実は先日、香港の展示会に行ってました…

  5. リサーチ

    中国輸入リサーチで儲かる商品が見つからない

    中国輸入をやっていると初心者が必ずぶち当たる壁があります。それは、…

  6. 中国輸入

    OEMなんてやる必要がない理由

    最近、OEMという言葉が流行っていますね。Amazon中国輸入…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP