物販全般

【知的財産権講義】相乗りできる商品とできない商品

前回と前々回は、知的財産権についての基本的知識やどのような商品が危険なのかをお話しました。

【知的財産権講義】商標権?著作権?主要な知的財産権5つを解説
【知的財産権講義】中国輸入のコピー品とその危険度

今回は、Amazonの規約上、相乗りできる商品とできない商品についてお話します。

Amazonで相乗り出品をする上で非常に重要な知識の一つが、相乗り可能かどうかの線引きです。

アリババで売っているノーブランド商品に相乗りしたら、
実はその商品に商標権が取得されていて出品強制停止になったなんて事例はよくある話です。

また、商標権がなかったとしても、セラーのロゴがついていて、
Amazonの規約上でオリジナルブランドと認められている商品は相乗りはできません。

相乗りできない商品に相乗りを続けていると規約違反となり、
最悪の場合アカウント閉鎖になってしまいます。

相乗り出品は非常に簡単ですが、一歩間違えるとアカウントに傷をつけてしまう危険性があります。

きちんとした知識をつけて出品することが大切となります。

Amazonの大原則

相乗り云々を語る前に、まず大原則として、Amazonのルールを確認してみましょう。

Amazonでは原則として、同じ商品であれば同じページに出品するのがルールです。

Amazonは楽天などとは違い、
1種類の商品で1つの商品ページしか認めないという、カタログ方式を取っています。

たとえ、パッケージが違ったり、流通経路が違っていたとしても、
同じ商品であれば同じページに出品しなければなりません。

この原則を覚えておいてください。

商標権

商標権がついている商品は、たとえアリババのノーブランド商品だと確証があったとしても相乗り出品はしないでください。

厳密にいうと相乗りはできるのですが、しない方が無難です。

わかりやすい例を出しましょう。

とあるGUCCIのネクタイがあります。
このGUCCIのネクタイと全く同じデザインのネクタイをアリババで見つけました。

あなたはこの商品、相乗りしますか?

普通に考えて、相乗りしないですよね。
もしも相乗りしたとしたら、GUCCIの偽物を販売していることになります。

先ほど、同じ商品は同じ商品ページで販売するルールがあると言いましたが、なぜこのケースではだめなのでしょう?
デザインは全く同じはずです。

その答えは、商標権があるからです。

GUCCIというブランド、及び商標権がついているため、
他の企業がそのデザインを真似することは知的財産権を侵害する行為となるのです。

では、こんなケースはどうでしょう?

この商品も商標がついていますね。
IZUMIYAというブランドです。

でもこの商品、アリババやタオバオで普通に販売しているものです。
中国製のノーブランド商品なのです。

しかし、先ほどのGUCCIの例と同じく、相乗りをしたら商標権の侵害となってしまうのです。

でも実は、この出品者はAmazonの規約を破っているのです。

Amazonはノーブランド品の商標権付与についての規約を以下のように定めております。

ノーブランド品に対し、不適切に商標を付して商品画像に掲載する行為、及び、ブランドとの不適切な関連付けの言葉を商品ページに含める行為
出品者が保有している商標を、恒久的でない方法(例:シール、ラベル、タグ等を貼付する等)でノーブランド品に付して商品画像を掲載することは原則禁止されております。
また、ノーブランド品(シールの貼付等恒久的でない方法で商標が付されたものも含む。)の商品ページにおいて、出品者が保有している商標に言及すること(商品タイトルに商標を付すことを含む。)は禁止されております。
Amazon.co.jpは、本規約に抵触する商品、商品ページ、又は商品画像を削除又は修正する権利を留保します。

簡単に言うと、ノーブランド品にタグとかをつけて商標をアピールしてはダメだよってことです。
商標について商品ページで言及することも禁止されています。

つまり、Amazonでは、ノーブランド品に商標をつける行為は認められていないのです。

商標について言及している上記のヘルメットはAmazonの規約違反となります。

しかし、相乗りはできません。
相乗りしたらおそらく商標権侵害で強制的にAmazonから出品停止を食らってしまうでしょう。

なぜでしょう?

それは、ノーブランドだと証明できないからです。

いくらアリババで同じ商品があったとしても、
「こいつの商品はアリババのノーブランド商品を輸入して、商標を勝手につけているだけだ!」
なんてことは証明できません。

他の出品者の流通経路や購買先を調べるなんて行為は不可能ですからね。

つまり、Amazonの規約は違反していますが、
ノーブランド品に不適切に商標が付けられた商品は相乗りできないのが現状なんです。

商標権は、商品ページ内で言及されていないことも多いので気をつけてください。
例えば、以下のような商品です。

この商品ですが、「TaoTronics」というブランド名で登録されています。

商品ページのどこにも商標があるとは書いてありませんが、このセラーはきちんと商標を取得しています。

モノレートを見ると、相乗りしたらすぐにブロックされていることがわかります。

出品者数が増えたタイミングがありますが、すぐに1人に戻っています。

つまり、相乗りした途端にAmazonから強制出品停止を食らっているというサインなのです。

このように、出品者がすぐに減っている商品は要注意です。

ほぼ確実に商標ブロックが入っています。

商標権ですが、特許情報プラットフォームというサイトで簡単に調べることができるのです。

下記の画像のように、調べたい商標名を検索窓に入れるだけです。

「TaoTronics」と検索すると出てきましたね。

商標登録されていることが、このサイトで一瞬でわかります。

商標がついている商品は相乗りしないこと、
また、商標がついているかどうかモノレートや特許情報プラットフォームできちんと確かめましょう。

ロゴ

商標がついている商品は相乗りしてはいけないことはわかりました。

それでは、独自のロゴがついている商品はどうなのでしょう?

商品によっては出品者独自のロゴを商品につけて相乗り阻止を図る人がいます。

同じ商品は同じページに出品するAmazonルールからいくと、
商標がついていなければ基本的に相乗りはできます。

しかし、商品によっては相乗りできないものもあるのです。

アマゾンオリジナルブランドと認められた商品のページには相乗り出品できません。

アマゾンオリジナルブランドとは、Amazon内で効力を発揮する商標権のようなものです。

商標を取得していなくてもアマゾンオリジナルブランドと認められれば、
他の出品者はそのページに出品することを許されません。

認められる要件は、恒久的な方法でブランド名が印字されているかです。

この「恒久的」というワードが鍵となってきます。

恒久的とは、粗末な作りなタグなどではなく、
商品にきちんとブランド名が刻印されてあったり、洋服ならばタグが縫い付けてあったりするものです。

次のような例を見てみましょう。

この商品ですが、「Petit Angel」というセラーの名前のタグがついていますね。
しかしこのタグは紐でタグの紙をつけてあるだけで、恒久的とは呼べません。

これだけではプライベートブランドとして認められないケースが多いです。

つまり、この商品は相乗りしてもOKなのです。

では次のような商品はどうでしょう。

先ほどの商品のように紐にくくりつけただけのタグ以外に、
襟のところにきちんと縫い付けてあるタグもありますね。

この襟に縫い付けたタグこそ、恒久的なタグなのです。

したがって、この商品は相乗りしてはいけません。

恒久的かどうかの線引きは結構難しいところです。

目安としては、下記を参照してください。

恒久的:洋服の襟に縫い付けたタグ、本体に刻印されたスマホケース、デザインにこだわった化粧箱

恒久的ではない:紐でくくりつけただけの洋服タグ、ロゴが入っただけの簡素なOPP袋

JANコード

よくJANコード取得済みとか、GS1事業者コード取得済みとか商品ページに書いてあるものがありますよね?

このような商品ですが、相乗りしてもOKです。

そもそもJANコード(GS1事業者コード)は商品を識別するための番号でしかなく、それだけでオリジナル商品とは認められません。

商標権が取得されておらず、恒久的なタグがないのならば相乗りしてもOKです。

他のセラーによる脅し

皆さんは相乗り出品をしていて、こんなメッセージをもらったことはありませんか?

これは他の出品者からのメッセージです。

つまり、
「お前がいま出品している商品は俺のオリジナルブランドだ。出品を取り下げろ」
という脅しのメッセージです。

こんなメッセージを初めてもらった方は結構ビクビクしますよね?
僕も最初はビビりました。

平謝りして出品をすぐに取り下げたのを覚えています。

しかし、こんなメッセージは無視して構いません。

JANコードを取得しただけでは相乗り阻止はできないことは上記に書いた通りですが、
相乗りの規約をきちんと守って出品しているならばこんなメッセージに動じる必要はないのです。

自分で新規ページを作って誰かに相乗りされたら確かに嫌ですよね。

しかし、商標権を取得していればAmazonの方から排除してくれるのです。

では、商標を取得しておらず相乗りセラーを排除したい場合どうするか?
それは、メッセージで脅すのが一番手っ取り早いのです。

こんなメッセージは相手にするだけ無駄です。
返信不要にチェックをいれて、華麗にスルーしましょう。

まとめ

以上述べてきた通り、相乗りには慎重になるべきです。

まず商標を確認し、商標がないのならば、プライベートブランドの要件を満たしているか否か確認しましょう。

相乗り出品は非常に即効性の高い出品方法です。
しかし、本日書いたことに気をつけて規約違反をしない出品をしてください。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が面白いなと思った方は下記のリンクをポチってください。

よろしくお願いします。


輸入・輸出ビジネスランキング

関連記事

  1. 会計

    輸入ビジネスで融資を受けるのに必要な5つのポイント

    みなさんこんにちは。最近夏バテ気味のホッシーです。実はいま…

  2. Amazon

    Amazon販売で揃えておくべきもの

    Amazonで商品を販売するということは小売ビジネスです。当然…

  3. Amazon

    世界各国に販売先を拡大するブルーオーシャン戦略

    こんにちは。ホッシーです。中国輸入をやっている方のほとんど…

  4. くだらない話

    2017年12月の成績

    みなさん、あけましておめでとうございます。2018年が始まりました…

  5. ビジネス

    インターネットでの転売ビジネスがなぜ成り立つのか

    輸入、輸出、せどり、限定品の転売......インターネット上ではあ…

  6. Amazon

    日本語説明書やおまけ付きでも合法的に相乗り出品する方法

    Amazonでリサーチをしていて、かなり儲かる商品が見つかって浮かれて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP