リサーチ

相似と同款の機能を使い、アリババで効率的にリサーチ

みなさんこんにちは。
ホッシーです。

アリババでリサーチしているけれど、目的の商品がなかなか見つからない場合って結構ありますよね?

画像検索しても引っかからないし、キーワードを入れてもなかなかそれっぽい商品が出ない。

出品者も結構少なく利益も取れそうなのにアリババから仕入先を見つけられないのでは意味がありません。

また、見つかったはいいものの仕入れ価格が高くて結局利益が取れないなんてことも多いですよね?

そんな時は「相似」と「同款」を使ってみましょう!

この機能は、アリババやタオバオにある魔法の検索機能なのです!

相似

相似とは、その商品と似たような商品を見つけてくれる機能です。

以下の商品を例にとって解説します。

このトイレットペーパーホルダーをアリババからリサーチします。

Google翻訳で「トイレットペーパー ホルダー」と翻訳すると、
ホルダーのところがうまく翻訳されず「トイレットペーパー 保有者」みたいな意味になってしまいます。

よって、「トイレットペーパ 箱」という意味の「卫生纸盒」でアリババの検索窓に入れてみます。

すると検索結果は以下のようになりました。

一応、トイレットペーパーホルダーは出たものの、
デザインは違いますし、関係ないような商品までたくさん出てきてしまいます。

そこで魔法の機能、「相似」の出番です。

探している商品に用途が近い商品にマウスポインターを合わせ、「相似」というところをクリックします。

そうすると、この商品に関連性の高い商品が出てきます。

どうですか?
さっきの検索結果よりはだいぶ近い商品がたくさん出てきたでしょう?

下にスクロールして探していくと、同じ商品が見つかりました!

すごい機能ですよね、これ。

相似を押して見つからなければ、
関連性の高そうな他の商品で相似を押して、どんどん近づけていきます。

たとえ翻訳がうまくいかなくても相似を使い続ければ、
いつかは目当ての商品を見つけることができるのです。

同款

「同款」とは、全く同じ商品を複数のショップから比較する機能です。

同款を使うことで、もっと安い他の仕入先を探すことができるのです。

上記の商品をアリババで探しました。
そうすると、近い商品が出てきました。

仕入れ価格は10元ですが、もうちょっと安く仕入れたいと思います。

そこで、「同款」を使います。

先ほどの相似機能と同じく、対象の商品にマウスポインターを合わせてクリックするだけです。

「同款 85」と書いてありますが、85軒のショップから比較できるという意味です。

先ほどの商品は10元でしたが、8元ほどで購入できるショップもありますね。

価格の下に404成交とありますが、404件の取引があったという意味です。
取引量はまずまずです。

しかし、右の方に顧客満足度の指数が4.2と出ています。
5段階評価の4.2なので、正直そこまで高くありません。

むしろ、ちょっと低いです。

僕ならば一つ上の、評価で価格9元のセラーから購入するでしょう。

同款を使うことで、価格、評価、取引数などを見て最適な出品者を判断することができるのです。

本日紹介した「相似」と「同款」は本当によく使う検索サポート機能です。
是非、積極的に活用していきましょう。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が面白いなと思った方は下記のリンクをポチってください。

よろしくお願いします。


輸入・輸出ビジネスランキング

P.S.

現在、中国輸入のコンサルティングを、
初期費用無料でやっています。

ご興味のある方は、下記のコンサル詳細をご覧ください。

コンサルティング詳細

関連記事

  1. リサーチ

    中国輸入リサーチで儲かる商品が見つからない

    中国輸入をやっていると初心者が必ずぶち当たる壁があります。それは、…

  2. 中国輸入

    中国輸入にかかる経費

    輸入ビジネスには数多くの経費がかかってきます。よく、胡散臭い塾…

  3. リサーチ

    Amazonの商品をアリババやタオバオで探す2つの方法

    中国輸入は、Amazonの商品と同じものをタオバオやアリババなどの中国…

  4. 中国輸入

    中国輸入の仕入れ方

    この記事では、中国輸入の仕入れ方について説明します。仕入れるサ…

  5. 中国輸入

    中国輸入代行業者及び中国人パートナーへの送金方法

    アリババやタオバオなどから商品を購入する場合は、日本人では買えない…

  6. 中国輸入

    中国輸入の販路

    前回は中国輸入ビジネスの仕入先についての話をしました。今回は視点を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP