Amazon

世界各国に販売先を拡大するブルーオーシャン戦略

こんにちは。
ホッシーです。

中国輸入をやっている方のほとんどが、日本のサイトで販売していますよね?

初心者はAmazonでの販売をしますが、
メルカリ、楽天、ヤフオク、ヤフーショッピングなどに販路を拡大する方も多いです。

最近ではBASEなどで自社ネットショップを立てる方も結構増えてきましたし、
makuakeなどのクラウドファンディングで出店する方も増えました。

これらのほとんどが「差別化」の意図があることは言うまでもありません。

確かに、Amazonだけだと競合も多く、工夫しないと稼げないのは事実です。

出店者も少なく売上規模の多い楽天や、
爆発力のあるクラウドファンディングで販売するのは理にかなっています。

しかし、本当に差別化をして、ブルーオーシャンで戦いたいなら、
日本以外の市場も目を向けた方がいいと思っています。

そうです。
世界に商品を輸出するのです。

この記事では、世界各国のEC事情を書いていきたいと思います!

アメリカ

 

日本の商品をアメリカのAmazonで販売する、
いわゆる「Amazon米国輸出」は実践者が多いです。

実際にアメリカのAmazonで「Japan Import」と検索してみてください。

日本から輸出された商品が沢山出てきますが、
その商品には大量の日本人セラーが出店しています。

中には、100人も200人も相乗りされている商品もあります。

そのほとんどが無在庫販売なのも現実です。

米国のAmazonで販売されている日本製品は、
大量の日本人セラーによって荒らされていると言ってもいいでしょう。

しかし、中国で輸入した商品を販売している日本人ってほとんどいませんよね?

なぜなら、米国へ発送してくれる代行会社がほとんどないからです。

でも実は、中国人パートナーを見つければ米国への発送は意外と簡単にやってくれます。

実際僕のパートナーも米国に発送してくれますし、
米国に限らず、世界のほとんどの国に発送してくれます。

アメリカのAmazonは日本とは比較にならないくらいの規模です。
取扱高だと、日本の10倍以上の規模があります。

実際、アメリカのAmazonは当たればとんでもない数が売れるのです。

僕の知り合いが米国Amazonで販売していましたが、
相乗りセラーが80人もいるのに、1日に300個売れる商品とかありました。

ただ、アメリカAmazon販売にもデメリットがあります。

それは、競合が多いことです。

中国製品に関しては日本人の競合はいませんが、中国人の競合が非常に多いです。
しかも、価格も非常に安価です。

当たればめちゃめちゃ売れますが、
薄利多売と中国人とのバッティングを覚悟しなければなりませんね。

また、当たり前ですが、新規ページ作成はもちろん英語です。

英語ができないのなら、翻訳の外注さんなども雇う必要があります。

翻訳ツールにかけた英語なんて間違いだらけで、
商品の訴求効果が全くないですからね。

また、アメリカのAmazonで販売するなら、アメリカの銀行口座が必須です。
日本の銀行口座では売上金が受け取れないので注意しましょう。

Payoneerというサービスを利用すれば海外の法人用銀行口座を持てるので、ここで取得しましょう。

ヨーロッパ

 

ヨーロッパ諸国はAmazonが多く進出していて、
イギリス、フランス、ドイツなど購買力の高い先進国が沢山あります。

Amazonが欧州で進出している国は、
ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、スペインの5ヶ国です。

マーケットの規模もこの順番となります。

ただ、イタリアとスペインは上位3つよりもはるかに市場規模が小さいので、
メインはドイツとイギリス、手が回るならフランスで販売していきましょう。

しかし、ヨーロッパのAmazonで販売するのは少し面倒です。

それは、VATという制度があるからです。
VATとは付加価値税のことで、欧州特有の税制度です。
日本の消費税みたいなものと思ってもらってかまいません。

VATの問題点は、税率の高さです。

日本の消費税は8%ですが、
VATは国によって異なりますがおおよそ20%もかかるのです!

VATにはSales VATとImport VATがあります。

Sales VATとは、売れた時にかかるVATです。
Import VATとは、輸入した時にかかるVATです。

例えば、3000円の商品を中国から輸入して、
イギリスのAmazonで8000円(約65ユーロ)で売るとしましょう。

そうすると、中国から輸入した時に、
原価である3000円にVATがかかります。

3000×20%なので、600円ですね。

日本で販売するときも関税と一緒に輸入消費税が8%取られますよね?
それと同じようなものだと認識してください。

また、販売するときも、8000円の20%なので、
1600円のVATが課税されます。

通関時に600円、販売時に1600円なので、
合計で2200円も課税されてしまうことになります。

「え!?高すぎじゃね!?」って思いましたか?

でも実は、VATは還付が受けられます。
Import VATで支払った分を、Sales VATから引くことができるのです。

つまり、1600-600なので、実際に支払う額は1000円です。

厳密に言えば、2200円を支払った後に、1200円が後で返却されるといった感じです。

ヨーロッパのAmazonで販売するにはVAT登録が必須となります。
これをやらないとアカウントが閉鎖するので、絶対にやりましょう。

VATの登録は代行に任せるのがいいと思いますが、
取得費用におおよそ5万円程度かかると思っていてください。

ヨーロッパのAmazonの魅力は、域内のどこの国へも発送できることです。

例えば、イギリスのFBAに納品した商品が、
フランスやドイツのAmazonにも出品できるのです!

EU諸国はシェンゲン協定を結んでいるため、域内の移動は自由です。
パスポートなしでEUの地域内を自由に移動できるのです。

そのため、イギリスからフランスやドイツへ行くのは、
東京から大阪に行くのと同じような感覚なのです。

したがって、こんな便利な物流システムができました。

ヨーロッパでの販売の注意点は、知的財産権に気をつけることです。
日本と違い、非常に知的財産保護には厳しい国です。

正規代理店のページに並行輸入品を出したり、
商標権や著作権侵害の商品を出品したりすると即アカウントが止まります。

VATといい、知的財産権といい、法令遵守が徹底しているので、
欧州での販売はかなり気をつける必要がありますね。

また、前述しましたが、売上金の受け取り口座はPayoneerでOKです。

東南アジア

 

個人的にいま最も熱いのが東南アジア市場です。

東南アジアではLazada(ラザダ)というECモールが急成長しています。

Lazadaは現在、マレーシア、インドネシア、フィリピン、タイ、
シンガポール、ベトナムの6ヶ国でサイトを運営しています。

最近では中国のアリババに買収され、アリババグループ傘下になっています。

東南アジアはAmazonが進出していないので、Lazadaが一人勝ち状態になっています。

しかも東南アジア自体がかなり経済成長しているのでこれからかなり期待できるでしょう。

Lazadaは最近日本人のセラーも受け入れるようになったので、出店が可能になりました。

とはいえ、まだほとんど日本人が参入していないので大チャンスです。

また、香港にFBA的な倉庫があります。
一旦香港の倉庫に納品すれば、売れたらそれぞれのお客さんのもとに届けてくれます。

ラザダは6ヶ国に出店していますが、最初はマレーシアにしか出せません。
マレーシアである程度販売実績を積んだら他の国にも出店することができます。

アリババなどから仕入れた中国製品を売ってもいいですが、
前述の通りアリババの傘下なので、安い中国製品が多く売っています。

タオバオやアリババで売っているものも数多くあります。
しかし、ラザダにない中国製品を出品すれば結構売れてくれます。

中国製品を扱うならばやはりライバルは中国人セラーです。

特にマレーシアは華僑の国です。
国民の30%くらいが中国系なので、中国の資本が大量に入っている国です。
ちなみにシンガポールも75%が中華系で構成されている国です。

彼らをどう攻略するかが鍵となってきます。

また、無在庫転売もいいでしょう。
日本の製品を無在庫販売すれば意外と売れます。

ラザダの無在庫転売だけでも月収50万円とかは可能なので、
やってみる価値はあると思いますよ。

受け取り口座はもちろんPayoneerです。

中東

 

中東は非常に情報が少ないです。
しかし訳あって、某中東の国の資産家と知り合うことができましたので、
色々な話を聞けました。

中東でいま一番熱いECモールは、SOUQです。

SOUQは、アラブ首長国連邦(UAE)、クウェート、サウジアラビア、
オマーン、エジプトでサイトを運営しています。

実はこのSOUQ、最近Amazonに買収されたのです!
したがって、「中東のAmazon」と呼ばれることもあります。

Amazonに買収されたのでサイトデザインもAmazonに非常に似ています。
FBA倉庫ならぬ、SOUQフルフィルメントセンターもあります。

したがって、販売する上でのインフラはかなり整っていると言っていいでしょう。

また、ライバルも非常に少ないです。
日本人はおろか、中国人ですらほとんど参入していません。

中東のECの市場は非常に伸びています。

一つの理由としては、暑いからです。
下の画像を見てください。

はい、ヤバイです(笑)
外にいたら焦げます(笑)

この記事を書いている現在は5月30日ですが、
UAEの首都アブダビは47度なんです。

よって、彼らは夏場は外に出たがらないです。
クーラーの効いた涼しい部屋でネットショッピングを楽しむのです。

また、女性が一人で外に出歩けないというのも、ECサイトが伸びる大きな理由です。

イスラム教では女性の自由があまりありません。
女性が一人で外を出歩くのを禁止している国もあるのです。

特にサウジアラビアはワッハーブ派というイスラム原理主義者が多数を占めており、
女性が一人で外を出歩くのはおろか、車の運転なども禁止されています。

したがって、女性にとってのEC需要が非常に高いのです。

また、購買力も高いので、これからに期待ができます。
UAEのドバイなんかは超高層ビルばかりで富裕層が沢山いるイメージですよね。

サウジアラビアもクウェートもとんでもない石油王の大富豪がいます。

クウェートに住んでいる現地人の知り合いがいますが、
彼女は公務員にも関わらず、美容代で毎月30万円使うらしいです。

一体どこからそんなお金が出ているのでしょうか……

石油王じゃなくてもお金の持っているアラブ人はたくさんいます。
金融業やサービス業など、様々な業種で稼いでいる富裕層が多いのです。

ただ、問題はアラビア語です。

全く馴染みのない言葉なので、何て書いてあるかすら読めません。

中東で販売するにあたってはアラビア語を使わなくてはいけない機会も多いので、
そこはどうにかしないといけませんね。

通訳でも探しましょう。

中南米

 

中南米も発展途上国ばかりなので、これから成長が見込める国ばかりです。
しかし中東と同様に情報が少なすぎるのが問題です。

やりやすいところですと、メキシコのAmazonでしょう。

メキシコのAmazonは、メキシコのFBA倉庫もありますが、
アメリカのFBA倉庫から発送することもできます。

一応、Amazonは、米国:メキシコを10:1くらいにするのが望ましいと言っています。

したがって、アメリカで販売するついでにメキシコにも出店ってのはやりやすい流れかと思います。

アルゼンチンにメルカドリブレというECサイトがあり、
中南米最大のECサイトですが、現地に居住地がないとダメです。

したがって、難易度は高いでしょう。

アフリカ

 

アフリカではJumiaというECサイトが人気です。
ナイジェリアの企業ですが、アフリカで20ヶ国で展開しています。

南アフリカ共和国については、TakelotというECサイトが一番人気です。

しかしアフリカはインフラがまだ未発達ですし、貧困層ばかりなので、
ECサイトで大きく利益を上げるのは困難でしょう。

まとめ

 

グローバルに販路を拡大するのは非常に楽しいです。
いかにも貿易って感じのことをしてますからね。

しかし、アメリカ以外は結構難易度の高いところばかりです。

少なくとも、「言語はどうしよう…」とか、
「なんだか難しそうだな…」って思う方はやめましょう。

簡単に稼ぐとは無縁の世界です。

しかし、うまくいけば競合がほとんど入ってこないブルーオーシャンなのも事実です。

日本の販売に飽きてしまった方へ。
世界へ販路、拡大してみませんか?

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が面白いなと思った方は下記のリンクをポチってください。

よろしくお願いします。


輸入・輸出ビジネスランキング

関連記事

  1. Amazon

    Amazonで売れなくなった不良在庫を処理する5つの方法

    Amazon輸入をやっていると必ずと言っていいほど不良在庫に悩まされる…

  2. Amazon

    日本語説明書やおまけ付きでも合法的に相乗り出品する方法

    Amazonでリサーチをしていて、かなり儲かる商品が見つかって浮かれて…

  3. リサーチ

    中国輸入の仕入先

    僕がやっているのは、中国輸入です。一般的に中国輸入とは、タオバ…

  4. Amazon

    【Amazon販売の基礎】相乗り出品と新規出品

    今回から数回に渡って、Amazon販売の基礎について教えます。…

  5. Amazon

    Amazon輸入ビジネスの過去3年間の動向とこれからの対策

    「Amazon輸入ビジネス」というと、だいぶメジャーになってきました。…

  6. 中国輸入

    中国輸入にかかる経費

    輸入ビジネスには数多くの経費がかかってきます。よく、胡散臭い塾…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP